大阪のゆるキャラ

大阪という町は、独特の個性と活気に満ちあふれています。
この町には、お笑いとグルメという代表的な2つの特色があります。
大阪はテレビなどのメディアを中心に幅広く活躍している芸人を数多く輩出している芸能プロダクションの吉本興業のある町です。
吉本興業は大阪の庶民に広く親しまれており、大阪の家庭では子供が面白いことをするとすぐに「吉本に入り」と言うほど身近にお笑いの文化が根付いているのです。
大阪のグルメの文化は、天下の台所と言われていた江戸時代から知られています。
現在でも、たこ焼き、お好み焼きなどが食べ比べられるくいだおれの街として全国的に有名です。
そしてここは商人の町としても知られており、大阪の商人は昔から安く物を仕入れて安く売りさばき、商売のために迅速に行動するという気質を持っています。
そんな大阪には数多くのゆるキャラがいます。
彼らは地元の歴史や文化を代表するものから、市民にキャンペーンや運動への参加を呼びかけるもの、町おこしのシンボルとなっているものなど、さまざまな目的でつくられ活動しています。
歴史、文化関連のゆるキャラの一つには高槻市のはにたんがいます。
彼は今城塚古墳から出土した武人の埴輪をモデルにしていますが、子供からお年寄りまで親しみを持てる優しいイメージの顔です。
ちなみにはにたんの誕生日は、高槻市がハニワの日と定めている8月20日です。
パッカー君、ペットちゃんは、環境保全活動をPRするための八尾市のゆるキャラとして活躍しています。
パッカー君はゴミを減らしていくことをアピールするため、ナンバープレートは530(ごみゼロ)となっています。
そしてペットちゃんは、ごみのリサイクルと分別を八尾市民に知ってもらうためのキャラにふさわしく、キャップとラベルが取り外せる体が特徴です。
町おこしを推進するための大阪のゆるキャラの代表格は、忠岡町のただお課長です。
このキャラは、名前自体がどちらもただおかちょうと読めるだじゃれとなっており、引き締まった顔立ちがとても魅力的です。
ただお課長は日本一小さな町としても知られている忠岡町をさらに全国に広めていくため、町のあちこちを飛び回っています。
このように、大阪には古くからお笑い、商売、グルメに代表されるさまざまな文化があり、今もそれらが息づいています。
このため、当然ながら個性的なゆるキャラを数多く作って全国に発信していける環境に恵まれているといえます。
また、少しディープな部分で言えば大人の楽しみである風俗業界も賑わいを見せております。
大阪人は人見知りな方が少ないので、働いている女性達もお客様で苦労することはほとんどないと聞きます。
ですが、これは優良風俗店だから言えることで適当に探したお店ではやはり大阪といえどリスクをともないます。
もし、風俗で働くことをお考えなら最近人気の大阪風俗求人サイトなどを見て慎重にお仕事探しするのをおすすめします。
活気溢れる大阪でどうせ働くなら、より稼げる風俗で働くという選択肢も悪くないですね。
どんな職業でも自分に合っているお仕事が楽しく働く一番の近道だと思います。